先日、神戸で手作り会をしました☆



わたしはテグスとビーズを使ってピアスを作りました。
ビーズは初心者なのでものすごく時間がかかりました(´▽`*)



秋っぽい色合いに。
オレンジのきらめくストーンがゴージャスで大人っぽいです。
自分用にしちゃいました。
ざっくりしたタートルネックやキャメル色のコートに合わせたいな。

emiさん*かわいい(o^^o)


emiさんはレジンアクセサリー。
レジンはどうやって作ってるのか全然知らなかったので、初めて見させてもらって勉強になりました!
花びらの入ったピアスがとても素敵でしたよ(*^-^*)

おしゃべりしながら手先を動かす。
これどうしたらいいかなぁ?と相談しながら作るのってすごく楽しくて。
気がつけばあっという間に5時間くらいたっていてびっくり。

emiさんのアクセサリーは栄町の雑貨屋NICOさんで販売されています。
シンプルで上品で、毎日使えるものからユニークなデザインやヴィンテージテイストのものまで。
すごく可愛いのでぜひ行ってみてくださいね(*^▽^*)
わたしも愛用しています!
この日emiさんが作っていたキューブピアス。


シンプルに付けてもいいし、個人的には軟骨や揺れるピアスとの重ねづけも可愛いんじゃないかなと思います!
わたしは一つずつしか空いてないのでできないのですが(;・∀・)



途中でカップケーキで休憩しました。

三ノ宮の高架下のjijiとゆうカップケーキ屋さんで。甘さひかえめで食べやすくて美味しかったです。
お店もブルーとブラックのストライプの模様で可愛かったですよ〜!

シメは淡水件で。
emiさんにはいつも神戸の美味しいお店に連れて行ってもらってます!
また老舗の喫茶店行きましょうね( *´艸`)



 
にほんブログ村

ハト・・みなさんは鳩についてどう思われますか?
平和の象徴といわれますし、人懐っこくて、パンくずをあげて寄ってくる姿はかわいいですよね。
鳩を気持ち悪いとゆう友人を理解出来ませんでした。










奴らがベランダにやってくるまでは・・!!



そう、ベランダにやってきました(T ^ T)
隣の家の人は一切窓を開けないし、洗濯物も干しません。(部屋干し派か!?)


そのせいで鳩の格好の住処になっているのです。
隣のベランダはフンまみれ。
ヒナの声が聞こえてたので、多分出産、そして巣立ちもしていたと思います。


次第に領土を拡大しようとしてるのか、うちのベランダにも鳩が出入りするように。
それだけならまだしも、フンをしていくのです(:_;)
最初は鳩も生きてるんだし、フンしても仕方ないよね、トコトコ歩いてかわいいな、くらいにしか思ってなかったのですが、ふとあれ?鳩って菌とか持ってるんやっけ?と調べてみたら、


鳩のフンから引き起こされる病気


クリプトコックス症
オウム病
ニューカッスル病
ヒストプラズマ症
トキソプラズマ症


なんか名前的に怖っ(>_<)
脳髄炎などの深刻な病気に発展することもあり、かなり危険みたいです!




彼とうさぎの健康も心配だし、掃除することに。
詳しい掃除の仕方など、載ってます。
http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/376728/



その他にも「鳩 糞 掃除」で調べるといろいろ出てくるので参考までに(^^)




2回に渡る掃除作戦で頭痛がしだして、鳩のフンを吸いこんでしまったかな?風邪引いてたしなぁ、、とすごく不安で仕方なくなりました。
だんだん早朝からホーホーうるさく、夢にまで出てくるようになってきた鳩がムカつき始めました。
何度も何度も棒で威嚇しても、すぐ舞い戻ってきます。
ひーむかつく!




先日何を思ったのか、隣の住民がベランダ一面にトゲトゲのハト除けを敷き詰めていました。
大量のフンの上にボンボン置いてるw
フンを掃除して欲しいのは山々ですが、隣の住民が鳩に感心を示したのが嬉しくて、感激しました(*^^*)


追いやられた鳩たちはうちのベランダにやってきた(。-_-。)
こっちも本気を出さねば!




対ハトグッズ




トリバイバイ



ネットで調べたら効くと書いてた100均の蛇の人形


まず、鳩がよく留まるスポットに留まれないよう、テグスを貼りました。




テグスを巻きつけるのにいい棒が売ってなかったので、100均で買った鳥かごのオブジェに巻きつけました。
オブジェは落ちていったら殺人級に危険なので、表札とかを貼りつけるようの、外用の両面テープで固定。


とりバイバイは両面テープで固定できず、あんまり出番がない(笑)
隣の家との境目の床に置きました。


もう一箇所よく留まるところがあるのですが、貼り付けるものが見当たらなくて・・


IKEAの鉛筆を貼り付けました(笑)
これで留まれないだろう!



この対策をして2週間余りたちましたが、効果は抜群でした(*^_^*)
声は聞こえるので周辺のベランダにはいるようですが、うちのベランダには一切近寄らなくなりました!
フンも落ちていません。


以上鳩との戦いの記録でした(笑)
どなたかの参考になればいいのですが*



先日調子が悪い時に、彼が晩御飯を作ってくれました。

中華のフルコースと

オムライス

レストラン級に美味しすぎました(*´ω`*)
いつもありがとう。
わたしも料理上手になりたいな。


変わった色のバラを買いました。



なんだかまとまりのないブログですみません。
読んでくださってありがとうございます☆




 
にほんブログ村

この前アウトレットに行ってきました。
久しぶりのお買い物でいろいろ買ってしまいました(*^^*)

古着のスカートやワンピースをいつも派手なのを買ってしまうのでそれに合わせるシンプルなのを買いました。
タートルネックを半袖のワンピースと合わせたいな。

しっかりと編まれたアラン編のニット。かわいい。
ぎゅっと目の詰まったニットが大好きです。




ネットショップにもイタリア買付けのヴィンテージニットをアップ予定です(*^^*)
ほっこり・・*



ヴィンテージショップ le genet vintage
http://legenetvintage.ocnk.net/




ランキングに参加しています↓

にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
にほんブログ村

前の記事の続きです。
あと一ヶ月ほどでイーペン祭りの季節!(^^)!
22歳の頃、偶然TVで見た光景に目を奪われました。
テレビの前でわぁー!と声を発してしまうほど感動したわたしはこれを見に行こう!と決意しました。

始めての一人旅ということもあり、目的地までたどり着けなかったら心配なのでツアーを予約。

イーペン祭りとは・・
タイで毎年陰暦12月(新暦10〜11月ごろ)の満月の夜、川の恵みへの気持ちを表しロウソク、線香、花などで美しく飾られたクラトン(灯篭)を川に流す「ロイクラトン」と呼ばれるお祭りが行われます。
チェンマイのロイクラトン祭りは「イーペン祭り」と呼ばれます。
さらにチェンマイにはイーペン・サンサーイ祭りというのがあり、こちらは仏教儀式だそうです。
仏陀への敬意を表す儀式として僧侶による読経、瞑想の後、コムローイ(熱気球)を一斉に放ちます。
ややこしいですね(^^;)
簡単にいうとイーペンサンサーイは宗教の行事であり、イーペン祭りは地元の人が参加するお祭りのようです。
イーペンサンサーイは会場が離れていてツアーでもよくありますし、コムローイの数も多いので観光向けかもしれません。
わたしはこちらに参加しました。

会場はメジョー大学という大学の敷地内。
たくさんの人。草むらでその時を待ちます。
前の方ではお坊さんがお経をあげています。なんだか心地よい時間。
仲良くなったお姉さんとおしゃべりしていました。

会場が暗くなり、ロウソクに火が灯される。

ぼんやりと月も・・。

ついに配られたコムローイを飛ばすときです!
紙製のコムローイにダンボール(?)に油を含ませたようなものがついています。
燃料を手でほぐして火で燃やす。

紙の部分に燃え移って炎上事件があちこちで起こっていました。
結構キケン(笑)
最低2人、平均3、4人で空気が温まってパンパンになるまで待ちます。

飛ばします(*^▽^*)





気が付くとあたりはコムローイだらけ。
飛ばす前に今まであったいろんなことが頭をよぎって、気が付けば泣いていました。
きれいできれいでたまらなくて、どんどん遠くなるコムロイをいつまでも見ていたかった。


大切な思い出です。また必ず行きたいな(*^^*)
3年前の事なのでいろいろ変わってるかもしれません。
開催日は年によって違うので注意ですよ(・ω・)!

旅日記を綺麗にまとめたいと思いながら3年もたっていました;;
またzineも作りたいな〜と思いながら・・。
自分の記録の為にも!やるぞ〜(汗)



 にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
にほんブログ村

こんばんは。
今日はタイのホーローボウルのご紹介です*
こちらはヴィンテージではなく、タイの日常で使われているような
現行品になります。









ステンシルで描かれたようなお花の柄が可愛く、元気を与えてくれるような色使いです。
レトロでどこか懐かしい雰囲気です。

フルーツやコーンフレーク、ポトフなどを入れるのにいいサイズです。
アクセサリー入れや小さな鉢の受け皿にしても可愛いですね(^^♪

ホーローの特徴としては・・・
耐久性があり錆びづらく、においがつかない。
保温性が高く耐熱性が高いのもホーローのいいところ。
冷却性もあり、タイのような暑い国にはぴったりの素材ですね。
食べ物の風味や質も落ちにくく、お手入れも簡単でたくさん使えそうです(*^^*)


商品ページはこちら→http://legenetvintage.ocnk.net/product/22


タイのチェンマイという町、ワロロット市場で見つけました。
のんびりとした時間が流れるチェンマイ。
穏やかでリラックスできる街でした。








ワロロット市場は気に入って滞在中何度も足を運びました。
人がほんとに暖かくて目があったら挨拶してくれる。
ごちゃごちゃ感と人と人との距離がとても好きで、、
ここに住みたくなってしまいました(*^^*)






近くにはモン族の週末市場も立っていて、刺繍の民族衣装や小物がぎっしり。
かわいいのです(>_<)

なぜかアートモードで撮ってしまった。
モン族のおばあちゃん。
写真を撮ってもいい?と聞くと、恥ずかしそうに撮らせてくれました。


他にもチェンマイには自然や寺院、民族の村など魅力がいっぱいだったのですが、一番の目的はイーペン祭りというお祭りを見ることでした。次回はイーペン祭りについて書いてみようと思います。



昨日は中秋の名月。今日はスーパームーンだそう。
大阪では少し雲がかっていて、それがまたすごく綺麗でした〜(*^▽^*)
ちょっと小道に目を向けると、ススキや萩が生えてて虫も鳴いてました。秋を感じることができて嬉しかった。


 にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
にほんブログ村

midwinterの記事でチラッと書いたおすすめの本のご紹介です。
表紙も可愛いこちら。


「モダンアンティーク・テーブルウェア 1950年〜1970年代イギリスのかわいい食器たち」
iPhoneImage.png
ヴィンテージ食器の歴史がよくわかり、いろんなパターンが載っていてこれ欲しい!これにシナモンロール乗せてお茶したい(*'ω'*)など一人で思いながら興奮しています(笑)
特にミッドウィンターのページがすごく充実していて時代とともに移り変わっていく形やデザインが面白いです。

大好きなスージークーパーも戦前の淡いトーンの食器たちしかほとんど見たことがなかったのでシックなスージークーパーも可愛すぎる!と驚きました。


中身もステキ。





ものが生まれた時代背景や文化を知ると、そのものに対する見方も変わってくるし、さらに愛着が沸きますね(*^-^*)



にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
にほんブログ村


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

にほんブログ村

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM